電動ガンのカスタム、パーツ加工はまずショップに相談してみよう

電動ガンのカスタムに関してパーツ加工や様々な相談

電動ガンをカスタムする人にとって

「ここはこうならないのかな?」

「このパーツの加工はどうすれば・・」

何ていうことがあるでしょう。

当ショップサイトや外部サイトなどで電動ガンカスタムの依頼に関して様々書いてありますが、正直なところ、当サイトで言えばすべてのカスタムに関してをご紹介するのは不可能です。

電動ガンカスタムの可能性は無限にあり、お客様の「こんな感じにしたい」をベースにパーツの加工、取り付けを行っています。

本来は付かないパーツを加工して「取り付けできるようにしてしまう」というのがプロの仕事です。

もちろんただ取り付けるだけでなく、見た目、性能も満足いただけるものに仕上げることが前提です。

そういった電動ガンカスタムの依頼は本当にお客様によって様々で、日々この業務む関わっている私たちでさえ

「その発想はなかったわ~」

というような案件が山のようにあるんですね。

そういったご依頼はお客様のお声にこたえるだけでなく、今書いたように、まさに新しい発想をいただける貴重な機会でもあるのです。

そしてすごく楽しいんです!

カスタムで悩んだらまずはドラゴンフォースにご一報を

ということで、電動ガンカスタムに関して、どんな希望、妄想でも構いません!

まずはご相談ください。

小さなパーツの加工からフルカスタムの完成品、銃本体やマガジンのカラーリングでも何でも構いません。

マガジンの色塗り?実は塗るんではなく煮るんです

例えば

マガジンを好きな色にしたい

こんな依頼も結構あるんです。

何かを好きな色にしたい、と思ったときに、まず浮かぶのは「塗る」ということになりますが、実はマガジンは塗装ではなく煮るんです。

つまり、染めるわけです。

もちろん、これが正しい、正しくないではなく、あくまでも手法の一つです。

マガジンを煮て染める方法は別のページにてご紹介します。

バナナマガジン何てどうでしょう?

そんなこんなで出来上がるマガジンがこちら

こんな感じに、何も金属を削ったりというのだけではなく様々なお客様の要望にお応えしています。

トレポン用マガジンはおまかせあれ

各種マガジンをトレポン用に加工したり、バレルカットやネジ加工はお手の物!

その他、バッファチューブの加工やストック関連の問題など何でもかんでもご相談くださいね!

こんなことできるのかな?

と思ったら何でも言ってください。

一緒に妄想しましょう!

(Visited 56 times, 1 visits today)