ドラゴンフォースオリジナルのポリカーボネート製レンズカバーが完成しました!




新しいDFオリジナル商品のポリカーボネート製レンズカバーが完成しました!

アクリル製のものと比べ、ポリカーボネートは粘る材質のため、被弾時に割れづらくなっています。
大切な光学機器やライトなどのレンズ保護にどうぞ。端面も綺麗です。
※保護フィルムが装着されているので、使用時には剥がしてからご使用下さい。

直径
φ28mm
φ30mm
φ34mm
厚み:2mm
販売価格(税込):各648円

詳しくはこちら↓
> ドラゴンフォース ポリカーボネート製 レンズカバー

————————————————
レンズの交換方法をご紹介します。
今回は、StreamLightのレンズを交換してみました。

Part.1

先ずはライト本体からヘッド部分を外し、さらにリフレクターを外します。




Part2

リフレクターを外すとレンズが外れるようになります。
レンズははめ込みなので押すと外せます。
その際にパッキンも取れるので無くさないように注意です。
このパッキンには裏表があり凹み面がLED側です。




Pert3

ここからは逆の手順で戻していきます。
パッキンをヘッド部の溝にはめます。
その際にパッキンの裏表に注意です。
はめ込めたら レンズカバーの保護フィルムを剥がして入れます。




Part4

レンズの保護フィルムを剥がしたらLED側の面が傷つかないように気を付けながらはめ込みます。
さらにリフレクターをねじ込んでレンズを固定しますが、少しシリコングリスを塗布しておきます。




Part5

リフレクターをねじ込みレンズの固定出来たら、ヘッドを本体に戻します。
これにてレンズ交換終了です。
これでレンズが割れる不安から解放されました。



このような感じで交換出来るものもあるので是非お試しを!

外した純正レンズとDFオリジナルのポリカレンズを並べてみました。

右側が純正、左側がポリカ製です。
どちらも綺麗ですが、純正のレンズは車やバイクのヘッドライトのようなコーティングがかかっていました。


ご不明点などお気軽にお問合せ下さい。
>ドラゴンフォースのお問い合わせフォームへ

ドラゴンフォースオリジナルの
ポリカーボネート製レンズカバーについて詳しくはこちら↓
> ドラゴンフォース ポリカーボネート製 レンズカバー

(Visited 26 times, 1 visits today)